--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2010/04/19 (Mon) 無いものねだり




ああなりたい。
こうなりたい。


ああしたい。
こうしたい。





「無いものねだり」





例えば一緒にテレビを観ている時、一護へ色々な事を訊いてみる。


「ああいう綺麗な女性が良いと思うか?」

綺麗になりたい。
眩しいくらい綺麗な女性に憧れる。


「こういうスタイルの良い女性は好きか?」

魅力的な女性になりたい。
華やかな大人の色気のある女性に憧れる。


「ああした可愛らしい性格をした女性を、男性は良いと思うのか?」

可愛らしさがほしい。
可愛く、何でも素直に言える女性が羨ましい。


身長はどのくらいの女性が好き?
男性は甘えられるのがいいの?
言葉遣いはもっと女らしいのがいい?



ああなりたい。
こうなりたい。


ああしたい。
こうしたい。


憧れたり、欲しがったり、望んだり。
・・・気づけば、自分に無いものばかり。


「お前は、お前のままでいいんじゃねえの。」

ずっと聞いていた一護が、そう私に言う。

「・・・つうか、今のままのお前が俺は好きだし。」

少し照れつつも、さらにそう付け加える。


顔が火照る。
嬉しさがあってか、頬が緩みそうだ。


「つうか、そういう事訊く時点で、可愛いんじゃねえの?」
「・・・ば、莫迦者っ。」

からかうようにそう言ってきた一護に、
また可愛げもない言葉を返した。


ああなりたい。
こうなりたい。


ああしたい。
こうしたい。


憧れたり、欲しがったり、望んだり。
・・・気づけば、自分に無いものばかり。


そんなものばかり訊いてみて、
もしかしたら貴方からのそうした言葉が聞きたかったのかもしれない。





あとがき
日記でのテスト作品としてのイチルキを再録。

コンプレッスに悩む・乙女なルキアさんが書きたかったのです。
凄く可愛くて魅力的(この世で1番並に)なのに、
ルキアさん自身が気づいていない・・・
みたいなシュチュでのお話でした。

その後、二人はイイ雰囲気に。(ちゅー、ちゅーしてるのかな(笑))

最後まで読んで頂き、有り難うございました。

スポンサーサイト

駄文小説 |


| TOP |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。