--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2010/02/21 (Sun) たまらなく好きである






「たまらなく好きである」(一護×ルキア・ルキア視点)





いつも眉間にしわを寄せている。
だが、たまに見せるそのしわを緩めた穏やかな顔を見ると、何だか得した気分で嬉しい。

基本的に、誰にでも優しい。
その優しさが伝わったり、伝わらなかったりするので、早く皆に気づいてほしい所である。

髪の色が、とても綺麗で見入ってしまう。
暖かい気持ちになり、時々思わずクシャクシャと触る。
「何だよ、どうした?」と訊かれるが、私の楽しみという事で答えてやらない。
不思議に思いながらも、やめろとは決して言わない・・・やはり優しい。

握りしめてくれたり、触ってくれる時や、抱きしめてくれる時も優しい。
場合によっては、激しさもあるのだが・・・
大切にしてくれている事が充分に伝わってくるのが、嬉しく愛おしい。

とても真っすぐで、分かりやすい。
今では、おそらくこんな事を考えているのだろうなと、だいたい分かるので見ていてとても面白い。

そして、とても不器用だ。
無愛想な面がある事も加わってか、相手に伝わりづらい事が多々ある。
相手にも気をつけてほしいが、ここは改善すべき点であろう。

さらに、感情で、直感で動く所も気をつけてほしい。
その判断力・行動力は素晴らしいし、尊敬しているのだが、
時々危険な事があるので、気をつけてほしい。
その結果、怪我をする事が多いのだ。
直せ!とは言わないが・・・本当に、気をつけてほしい。

気が利くし、変なところで鋭い。
逆に、とても鈍いところがある。

なので、異性の態度を今一つ理解していない時がある。
鈍感な奴め。

私が何か言った後に、私の髪の毛を撫でたり、軽く叩いたりする時がある。
身長差でそうするのか、それとも妹達と同じ認識でやっているのか・・・
嫌ではないが、この件についてはあとで訊いてみたいと思う。

前に言ったが、優しさあってなのか、甘い。
家族にはもちろんだが、特に私に甘い。
・・・莫迦者。

不器用であるが、器用な面もある。
妹達の髪留めなど、とても見事だ。
本人曰く、「昔からやっているので、慣れているだけだ」という事らしい。
「お前もやってやろうか?」と言われて、やってもらった事がある。
手際良く、見事で、何だか嬉しかった。

理屈抜きに、瞬時に行動できる所が凄い。
それが前にも言った危険な面へ繋がってしまうときがあるのだが。
む?私にもそのような面があると言うのか?
・・・ならば、お互い気をつけて、ゆっくり改善していこう。

とても家族思いであるし、友達思いである。
そういう思いやりがあるからこそ、この強さがあるのだろうなといつも思う。

雨が降る日は、やはり苦手というか、落ち着かないようだ。
それでも向き合い、目標・誓いに向かっていこうとしている姿が尊く愛おしい。
力になれたら、支えになれたらと思う。

・・・ああ、その通り、私もやはり苦手というか、落ち着かない。
お互いゆっくりいこうではないか。


お互いの性格故にか、喧嘩もよくする。
原因がとても些細な事で、何故喧嘩してしまった事も忘れてしまう小さな喧嘩から、
口を利かなくなるような大喧嘩まで・・・本当にたくさんする。
謝りたいのだから・・・早く話しかけろ、莫迦者。
こういう可愛くない性格は私の悪い所だ。
早く直したい。

真剣な時の表情が好き。
穏やかな時の表情も好き。
寝ている時も器用に眉間にしわを寄せているので面白い。
この時の表情も好きだ。

不器用だからか、自分の流儀なのか、人にあまり頼らない。
男だからとか関係ないぞ。
私にくらいはもっと頼れ。

見た目で勘違いされがちだが、本当に真面目である。

男気がある。
情に厚い。


それから・・・

あとは・・・


言い出したら限りがない。
一緒にいて飽きない。
もっと知りたい。
もっと・・・一緒にいたい。


好きなところや、直してほしいところ・・・

すべてを含めて、そんな貴方が・・・


そんな貴方が、たまらなく好きだ。






あとがき
今回の話について。
この話はWEB拍手として書きたいなぁーと、始めは思っていたものでした。
テーマは『貴方(貴女)がたまらなく好き』です。
イチルキ、銀妙、吾薫・・・などなど、色々と書きたいなと。
BGMは平井堅さんで「君の好きなとこ」

どこに整理しようかと考えておりますが、とりあえず企画物ページに再録しております。

スポンサーサイト

駄文小説 |


| TOP |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。