--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2009/08/15 (Sat) この賭けには負けたくない

負けたくない。



・・・負けたくないのだ。





「この賭けには負けたくない」





「銀ちゃんはどういう娘が好みアルカ?」
「・・・はぁ?」


何の前触れもなく、特に理由があった訳でもなく、
ふっと思った事を銀ちゃんに聞いてみる。

「ん~、そんな事言われてもなぁ・・・」

こうした何気ない質問にも、何だかんだで考えて答えようとしてくれる銀ちゃんが好きだ。

構ってくれるので嬉しい。
見ていて面白い。
興味がどんどん沸いてくる。
もしかしたら、この質問も私が知りたかったのかもしれない。

「姉御みたいなのがタイプか?」
「お妙か?・・・いや~、ゴリラに育てられたみたいな乱暴な奴だからなぁ~、料理も壊滅的だしな・・・。」
「じゃあ、さっちゃんみたいな奴か?スタイル良いし、銀ちゃんSだからMなさっちゃんみたいなのがいいアルカ?」
「・・・勝手にM好みとか決められても困るから。銀さんのイメージ悪くなるっていうか、お前がそういう事言うのまずいから。
スタイルはまぁ良いにしても、ああいったストーカーじゃなぁ・・・。」

周りの知り合いの名前を出して、聞いてみる。
良い面もあるけど・・・と言うが、ピッタリくるタイプではないらしい。

じゃあ・・・
銀ちゃん、じゃあさ・・・

「じゃあ・・・私は?」
「・・・はぁ?」

思い切って聞いてみたのはいいけど、銀ちゃんはきょとんとして口を開いたままになった。
たぶん、私はその考える選択肢にも入っていなかったのかもしれない。

「‘私は?’って言われてもな・・・まだガキだし、銀さんそういう趣味ないしな。力強いし・・・」

『ガキ』という言葉を聞くのが嫌だ。
そこから抜け出さない限り、銀ちゃんは私を女として見てくれないと思うから。

「それ考えると、前に挙げた‘2人’の方がまだ可能性があるって言えばあるような・・・」

その言葉を聞いて、悔しいと思った。
それと同時にムキになってしまったのかもしれない。

「これから何年かすれば私だってガキじゃないネ!」
「え?」
「‘え?’じゃないアル!後3、4年もすれば、私だってボン、キュッ、ボン、アルヨ!」
「・・・へぇ~、お前がね・・・」
「ほ、本当アル!見てろよ、銀ちゃん!『あの時、神楽がタイプだって言っておけば良かった~』って後悔させる程、イイ女になってやるネ!」
「はは、面白ぇ。じゃあ、賭けするか。お前がそんなイイ女になったら、銀さん土下座でも何でもしてやるぜ?」
「・・・望む所アル!負けるか、ボケー!!」

私を見てほしい。『ガキ』としてではなくて。

もっと構ってほしい。『子供と遊ぶ』感覚ではなく。


そして、負けたくない。

例え、姉御でも、さっちゃんでも。

だって、銀ちゃんと一番一緒にいるのは私だから。


・・・負けたくないのだ。



そして、銀ちゃんとのこの賭けにも。


この賭けに・・・決して負ける訳にはいかない。









あとがき
アンケートリクエスト第9弾であった銀時×神楽を再録。

一応、×傾向気味ですが、
何だか「娘が父親に」とか、「近所のお兄さんに小さな女の子が」的な感じになってしまいましたね(笑)

しかし、数年後神楽ちゃんは素敵な女性になっているのは確かだと思います。


スポンサーサイト

駄文小説 |


| TOP |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。