--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2009/04/12 (Sun) あなたはずるい・・・///



ずるい。ずるい。

あなたは・・・ずるい・・・///





「あなたはずるい・・・///」





朝日も昇ってくるような時刻。
お水の仕事も終わり、今日は私一人で家へと帰る。

朝日が見られるこの時刻に帰れるというのはいつもいいと思っていた。
仕事の疲れも癒える気もするし、気分が良くなる気がするから。

でも、今日は少し気分が悪い。
たぶん、いつも以上にお客に構われた事(全て撃退したが)や、ストーカー(←近藤さん・・・(汗))がいつになくうざかったからだと思う。 


確かに、仕事柄仕方ない事なのだろうけど、ああまでs・・・

「・・・痛っ。」

心の中で色々考えていると、少し油断したのか、足を挫いてしまった。


やはり文句は良くなかったのだろう。
愚痴に対しての小さな罰かもしれない。


しかし、いつもより少し悪かった気分がさらに悪く。


「はぁ~・・・何だか今日は最悪かも・・・」


ため息は良くないのだが、自然と独り言が出てしまう始末。

仕事でイラつき、足を挫いて・・・何だかついてない。
朝日の効果もこんな状態では、もうまるで効き目をもたない・・・

少し痛むが歩けぬ程ではない。
早く家に帰って、この気分をリセットしよう。


そう思って、再び歩いていると・・・

「おっ、よう~。お妙じゃねぇか~。」

聞き覚えのある声に振り返ると、そこには銀さんが。


一体、こんな時間まで何を・・・?


意識してもいないのに、ふとそんな事が頭の中に入り込んでくる。
別に、関係ないのに・・・。


そう思っていると、銀さんは私の隣に来て、帰り道を共にする事に。

「仕事でいつもこんな時間なのか?大変だね~、若いのに。」
「家計がありますからね、仕方ないんですよ。可哀想な弟が働いているのに、どっかの誰かさんに給料貰っていないので本当に大変なのよね~♪」
「あっはっはっは・・・。そんな悪い奴がいんのかよ~。何でもおまかせのこの銀さんに頼めば、がつんっと言ってやるのによ!どうだ、安くしとくよ。」
「・・・遠慮しますよ。銀さんこそ今まで何を?」
「いいだろ~、何してたって。大人には色々あんだよ。あ、それとも銀さんの事が気になる?」
「・・・!・・・別に、そんなんじゃないわ。またどこかの女と合併でもしてたのかしら?神楽ちゃんもいるんだから教育に良くないわよ。それにまだ合併号には時期が早いわ。」
「・・・最後の意味わかんないから、読んでくれてる皆さんが。朝帰り=それって考えがまだまだ子供だなぁ。色々あんだよ、大人は♪」
「・・・・・・」

正直、今の気分で会うのは嫌だった。
会話も最悪。


肯定も否定もしないその流すような話し方がずるい。

年上であるからなのか、何を言われても焦らないその余裕が、その落ち着きがずるい。


その会話で、何故だかまた気分が悪くなり、胸も何だか少し痛む。

そんな気持ちにさせるあなたは・・・ずるい。



そんな事を思っていると、急に銀さんが座り込む。

その行動を不思議に思い、私は銀さんに・・・

「・・・銀さん?どうかしました?あ、もしかして体力がないのかしら、歳で。」

こんな気分が嫌で、こんな気持ちにさせられたのが悔しくて、少し当たるような感じで言ってみる。

すると、銀さんは真剣な顔で・・・

「・・・お前、怪我してんだろ。」
「え・・・?」
「え、じゃねぇよ。足少し捻ったか?歩き方がおかしかったからな。」
「な、べ、別に、たいした事ないわ!家までくらい大丈夫よ!」
「捻挫甘く見ない方がいいぜ。ほら、乗れ。」
「はぁ・・・!?///」
「家まで送ってやるから乗れって言ってんだよ。」
「な、何言ってんのよ!///そんな恥ずかしい事・・・」
「こんな朝早くに人なんていねぇよ。」
「で、でも・・・///」
「・・・ほら、早くしろ。」
「!!///・・・はい。///」

そうして、銀さんの言うとおりに私は銀さんにおぶってもらう。

いつもはだらしなくて、チャランポランで、鈍いくせに、こういったいざって時は凄く真剣で、目敏くてずるい。

いつもは大人を感じないような説得力ない感じなのに、たまにこうして「はい」としか言えないような雰囲気を出す時があってずるい。


「意外と軽いなぁ~。」
「・・・どういう意味?」
「いや、深い意味はないけどな~。もう少しないと、健康的じゃねぇぞ。」
「・・・」
「銀さんがおんぶしてくれるなんてそうはないぞ~。どうだ、嬉しいか?」
「べ、別に・・・自分で歩けました、私は。」
「素直じゃねぇ~なぁ~。・・・あ。それとさ・・・」
「何?」
「朝帰りの理由なんだけどな。」
「え・・・?」
「朝早くから仕事だったんだよ。最近周辺で泥棒が多いから、うちを見張ってて下さい!って頼まれてな。」
「・・・そう。合併ではなかったのね。」
「・・・まだ言うかよ。仕事も頑張らねぇと、可哀想な弟に給料払えねぇからな。‘どっかの誰かさん’はよ♪」
「・・・そうね。」


あぁ、私は一生この人には敵わないのだろうと思う。



肯定も否定もしないその流すような話し方がずるい。

年上であるからなのか、何を言われても焦らないその余裕が、その落ち着きがずるい。

いつもはだらしなくて、チャランポランで、鈍そうなくせに、こういったいざって時は凄く真剣で、目敏くてずるい。

いつもは大人を感じないような説得力ない感じなのに、たまにこうして「はい」としか言えないような雰囲気を出す時があってずるい。

その会話で、何故だか気分が直っていき、胸の痛みもなくなっていく。

そんな気持ちにさせるあなたは・・・ずるい。


今日は最悪な日で、ついていない日だと思っていたのに・・・
悪くない、むしろ気分も良くなって、ついている日かもと・・・

そんな気持ちにさせるあなたは・・・本当にずるい。



あぁ、私は一生この人には敵わないのだろうと思う。



「本当に・・・銀さんはずるいわ・・・///」


今の私には、そんな言葉しか思いつかなかった。





ずるい。ずるい。

あなたは・・・ずるい・・・///









企画終了も含めてあとがき
『貴方はするい』企画、銀時×妙を再録。
この企画の最終は銀妙です。
銀妙萌えます、本当に。

この企画はちょっとした短編で銀妙を書かせて頂きました作品に、
たくさんご反応頂きましてこうした企画になりました。

どうも有り難うございました。

スポンサーサイト

駄文小説 |


2009/04/12 (Sun) あなたはず・る・い♪



ずるい。ずるい。

あなたは・・・ず・る・い♪





「あなたはず・る・い♪」





「・・・あっ!ぎ、銀さ~ん・・・!///」
「い、いきなり何!?そんな始まり方すると、勘違いされるから!今回年齢制限してないから!」
「ふん、相変わらず冷たいのね・・・そうして銀さんのペースにしようって訳ね。でも、今日はそうはいかないわ!」
「・・・いや、本当に意味わかんないから。お前との絡みの時の会話いつも意味わかんないから!」
「ふふ・・・、またまたとぼけちゃって♪」


この人の会うだけで興奮・・・じゃねぇや、嬉しくなる。
周りは「相手にされてない」だの、「ストーカー入ってる」だの言うけれど、そんな事ない。

銀さんは気にしない素振りして、何だかんだで気にかけてくれるし。
私の銀さんへの愛は本物で、愛情表現は人より過剰っていうか、濃いだけだし。

100歩譲ってストーカー的なポジションでも、そんなストーカーなんてものじゃないんだから。
そう、もっと綺麗についてる○ィンカー・ベル的な綺麗なものなんだから。(←原作より)


いつものプレ・・・やりとりをしながら、歩いていると・・・

「あら~、銀さん♪」
「・・・ん?おお、あんたこの前の~。」

誰だか知らない女が・・・。

誰、その女?
何だか銀さんに気があるみたいな・・・(←女のカン(?))

・・・はっ。それに‘この前’って・・・!!(←その後の‘の’が聞こえてない)


「・・・銀さん、その人誰?」
「あぁ~、別にお前には関係ねぇだろ~。」
「!・・・やっぱりそうなんだ・・・」
「・・・あ?」
「お妙さんだけならまだしも、そういった関係の人がまだいたのね!」
「はぁー!?」
「燃えるのは三角関係までよ!四角関係はこの場合男が入ってこそ、燃える構図になるの!女が入ってきた構図なんて、ハーレムじゃない!」
「・・・お、お前、頭大丈夫?あのな、この人は・・・」
「また私にはそんな態度・・・はっ!やっぱり私の事は遊びだったのね!」
「色んな意味で全部間違ってるから。ホントお前h・・・」
「ひどい!もういいわ!銀さん、さよなら・・・!」(←銀さんの話聞いてない)

そういって、その場から逃げ出してしまった私。


あぁ・・・、銀さんへの愛は私が一番なのに・・・

あの人は振り向いてくれないのだろうか・・・?



いや、私の愛は伝わってるはず。

そうよ、いつもはあんな扱いでも時々銀さん私に優しいんだから!

あのネズミ野郎の時には、私を助けてくれt・・・あ、でも、ネタは前からバレてたかも。

あ、でも!
銀さんの雪像作った時、私を褒めてk・・・って、あの時は雪像の事オンリーだったかも。

あ、そうそう!
銀さん、前に私を褒めて、胸を・・・あ、よくよく聞いてみれば、あれ神楽ちゃんだったかも・・・


・・・あれ?
私、全然相手にされてない?



・・・やっぱり・・・



そう思っていると・・・

「だぁー!やっと見つかった・・・」
「え?・・・!・・・ぎ、銀さん!」

そこには銀さんが。

「お前、本当に早とちりだなぁ!」
「え・・・?」
「あの人は前に仕事頼まれた依頼者の人!それ以上でも、それ以下でもねぇの!わかる?」
「そ、そうだったの!」
「あぁ~、ちょっと面倒くせぇー!!ちょっと来い!」
「え。ぎ、銀さん?///」
「お前にここらで何か言いふらされたら敵わねぇんだよ!だから、ちょっと来いってんだ!」


いつもは全然相手にしてない扱いなのに・・・

たまには、こんな気にかけてくれたり(?)・・・


本当に、銀さんて・・・


「本当に銀さんてずるいわ♪」


今の気持ちを・・・そんな言葉で表した。




ずるい。ずるい。

あなたは・・・ず・る・い♪










あとがき
『貴方はずるい』企画第2弾、銀時×さっちゃんを再録。

いつも勘違いだらけ(笑)なさっちゃん。
銀さちは、何かとさっちゃんが何でもありで好き勝手に動いてくれるので、ぶっとんだ作品ばかりです。(汗)
ストレス解消になりますよ、本当に。

駄文小説 |


2009/04/12 (Sun) あなたはずるい!



ずるい!ずるい!

あなたは・・・ずるい!





「あなたはずるい!」





「あぁ~!?もう1回言ってみろ、神楽っ!」
「1回なんて遠慮しなくても何度でも言ってやるネ!このままダラダラ何もしてない銀ちゃんの未来はずばり見えたって言ってんだ、コノヤロー!!」
「はぁー!?何どっかの占い師の決め台詞ちょっと引用してんだ!?著作権じゃねぇ!?これ著作権じゃねぇ!?」
「向こうはカタカナで、こちとら平仮名で言っとんじゃ、ボケ!!だいたいずばりなんて皆言ってるネ!この副詞が著作権になったら、世の中崩壊すんぞ、コラァー!!」
「何意味わかんねぇ事言ってんだ!何か言い合いの主旨変わってねぇ!?」


そう、最初は冗談なノリの言い合いだった。
給料が今月ないって・・・いつもないのに。

冗談が本気の言い合いに・・・

これに乗っかってくる銀ちゃんも大人げないが、
私がすごく子供なんだと思う。

そうして、私が銀ちゃんに当たっていると銀ちゃんが・・・

「こっちも仕事がないのに頑張ってんだ!そんなに俺が気に入らなかったら、ここから出てけ!!」
「え・・・」

そこまで言われるまで言うつもりはなかった。
今すぐ謝ろう、言い過ぎたと・・・


でも、素直に言えずに・・・

「ああ、出て行ってやるネ!銀ちゃんなんて、糖分とり過ぎでくたばっちまえばいいネ!!」

そんな言葉を言って、家を飛び出してしまった。

まだまだ私は子供なんだと思う。




走り疲れて、近くにあった公園のベンチに座る。

ちょっと落ち着いて考えれば、私に原因は多くあったのだ。

ここのところ、仕事がないのも知っていた。
そんな中、銀ちゃんが隠れて、仕事見つけに行ってたのもわかってた。
・・・たまにだけど。

暇なのに、イライラしてなのか、面倒なのか、口数が減る。

何だかそれが私は嫌だった。

話してほしかった。
構ってほしかった。
遊んでほしかった。


私が子供なんだと思う。

でも、あそこまで言わなくてもいいじゃないか。

グータラのくせに、やる気ゼロのくせして・・・


銀ちゃんのくせに・・・
銀ちゃんのくせに・・・



そうしていると、後ろから・・・

「あぁ~、やっと見つかった。」
「え・・・!!・・・銀ちゃん!?」

銀ちゃんが後ろに立っていた。

「探しに来てくれたアルカ?」
「・・・まぁな。酢昆布の匂いがしたからすぐわかったぜ。」
「な!!コノy・・・」
「さっきは悪かったな。言い過ぎたわ。」
「え・・・」
「・・・おら、帰るぞ。」

そう言って、銀ちゃんは私に手を差し伸べる。

こういう態度も見ると、銀ちゃんは大人で・・・私は子供なんだと思う。

素直に銀ちゃんの手を握りながら・・・

「・・・銀ちゃん、ごめんなさい・・・。」
「ん?おう、よく言えたな。給料は無理だが、酢昆布でも買ってやるよ。」
「・・・・・・」


子供扱いされて、何だか悔しい。

でも、構ってもらって嬉しい気分でもある。

今回も完璧に私の負け。


「・・・銀ちゃんはずるいネ・・・。」


悔しく、嬉しい今ではそんな言葉しか出なかった・・・。





ずるい!ずるい!

あなたは・・・ずるい!










あとがき
銀魂の企画物、『貴方はずるい』企画での銀時×神楽を再録。

私的な銀神は+傾向といいますか、親子(?)的な感じで、
いつも見ててほのぼのします。

神楽ちゃんはいつも何だかんだで銀さんに構ってほしいのだろうなぁと思っての作品でした。


駄文小説 |


| TOP |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。